あなたの悩みから商品化!? うれコト企画室

普段の生活に+αすることで「うれしいコト」をつくりだす「うれしいモノ」

そんな商品をつくりだすため、
みなさんが普段感じているカラダや暮らしのお悩みを募集!
お悩み解決ができるような商品開発を目指します!

商品化に向けてお悩み採用された方には10,000円分のギフトカードをプレゼント!

※同一の意見を複数いただいた場合には、抽選で1名様にプレゼントいたします。予めご了承ください。
※採用該当なしの場合もございます。

第一弾 募集テーマ パーツケアの悩み ~スキンケア編~
悩みパーツ 悩みパーツ
悩みを応募
悩みを応募
悩みを応募
悩みを応募
募集期間: 2019年7月4日~2019年9月15日

応募方法

<応募手順>

  • ① 上記リンクより応募画面にアクセスし、氏名・電話番号・メールアドレスをご入力ください。
  • ② テーマに沿った具体的なお悩みを記入してください。
  • ※その他、悩みを解決できるような具体的な商品アイデアをお持ちの方は、詳細を教えてください。なお、商品アイデアをイラストに描いてお送りいただくこともできます。
  • ③ 確認ボタンを押して、問題がなければ送信してください。

★1つのお悩みにつき、1回のご応募となります★
複数のお悩みがある場合には、お手数ですが都度ご応募ください。

<応募時の注意点>

  • ※お悩みは具体的に記入してください。
  • ※具体的な商品アイデアを応募される場合は、応募者本人のオリジナル案で、未発表のものに限ります。
  • ※具体的な商品アイデアを応募される場合、ほかの公募への二重応募はお断りさせていただいております。また、第三者の諸権利を侵さないものに限ります。

応募上の注意事項

<応募上の注意点>

  • ●募集要項に記載された事項以外について、うれコト企画室の運用ルールに基づき運用いたします。
  • ●応募された商品企画案は返却いたしません。
  • ●作品の返却、審査に関するお問い合わせには応じられません。ご了承ください。

※以下のような募集内容は選考対象外となりますので、予めご了承ください。。

  • ●応募に必要なご連絡先が記載されていないもの。
  • ●既に市場に類似品が販売されている、または過去に販売されていた商品。
  • ●既に市場に広く認知されているアイデア及び、特許、実用新案、意匠、商標、著作権を他が有する場合。
  • ●ご応募いただいたアイデアが、既に弊社にて考案中のアイデアと重複する場合。この場合は個別にご連絡を差し上げることはありません。

<応募企画の知的財産権について>

  • ①うれコト企画室に商品企画案をご応募いただいた時点で、知的財産権はリベルタが有するものとし、将来的にリベルタが特許等(実用新案、意匠を含む)を出願することについて同意されたものとみなします。
  • ②特許等の出願時や知的財産権についての権利譲渡時には、応募者とリベルタの間で、特許等を受ける権利や知的財産権について契約を締結いたします。
  • ③出願時には当社規定の薄謝を謹呈いたします。
  • ④ロイヤリティ型の契約は原則として行いません。
  • ⑤商品化に際して、リベルタは商品企画案の内容を一部改変・補足して使用する場合があります。
  • ⑥うれコト企画室に商品企画案が到着してから、1年以内は商品企画案に基づく商品の製造、販売、並びに第三者への譲渡はご遠慮ください。
  • ⑦採用されたアイデアについては、アイデア応募者様に個別にご連絡を差し上げます。個別にご連絡のなかった場合は、残念ながら選外の扱いとさせていただきます。選外となった商品企画案は、うれコト企画室が特許等の出願をすることを含め、すべての知的財産についての権利をご返却いたします。また、商品企画案に基づいてリベルタが商品化を行うこともありませんので、商品企画案に基づく商品の製造、販売、並びに第三者への譲渡等の制限はありません。
  • ⑧商品企画案に関する内容について、採用・不採用に関わらず、1年以内はリベルタの同意なしに公表することはできません。

結果発表と商品化について

  • ●商品化に向けたお悩みが採用された場合は、2019年10月頃こちらから個別にご連絡させていただきます。
  • ●ご応募いただいたお悩みを解決できるような商品化を目指せるよう、メールや電話で簡単なヒアリングをさせていただく場合があります。ご了承ください。
  • ●お悩みから商品化された際はこちらからメール、またはお電話でご連絡いたします。
  • ●お悩みから商品化された商品は、商品化段階も含め、WEBサイト「うれしいコトうれしいモノ」に掲載される予定です。
  • ●諸事情により、お悩みやアイデアを採用されても最終的に商品化されない場合もあります。